• 建築士/建築士を目指す方
  • 制度
  • CPD制度
  •  

CPD制度

CPD制度について

建築士会では、建築士会会員の知識、技術、に関する研鑽と倫理観の醸成のために、平成14年、自主的にCPD制度を始め、意欲的な会員の支持を得て、運営してきました。
平成21年からは、すべての建築士のための制度としてオープン化し、非会員の方たちにも広く門戸を開いています。 既に、建築士会CPD制度は、現在、国土交通省を始め全国30県以上での工事入札等で活用されています。

参加資格

参加資格 技術者のみ参加可能
(建築士・建築設備士・施工管理技士(建築・電気工事・管工事))

※建築士以外の技術者の場合、申込の際、証明書の提出が必要

参加/登録費用納金詳細

正会員 準会員 賛助会員
社員(1名)
非会員
初期費用 無料 無料 1,000円 1,000円
CPDカード
発行費
(希望者のみ)
1,000円 1,000円 2,500円 2,500円
データ登録
管理費
1,000円/年 1,000円/年 2,000円/年 3,000円/年
情報提供
制度利用
(希望者のみ)
500円 - 500円/人 500円

  • CPD制度の管理費につきましては、年度区切りとさせて頂きます(4月~翌年3月末まで)
  • CPD制度への参加は自動継続になりますので、CPD制度を中止する場合には必ずハガキやFAXまたはE-mailにてご連絡をお願い致します(専攻建築士の方はCPDの継続参加が必須です)
  • 賛助会員社員(1名)は、所属会社が賛助会員であることが条件となります。
  • 情報提供制度利用は、工事入札等でCPD制度をご利用の際には申込ください。
  • 情報提供制度利用は、建築士・建築設備士・建築施工管理技士のいずれかの資格が必要です。

参加申込方法

現金書留の場合 申込書と申込に必要な金額を同封の上、お送り願います。
銀行振込の場合 必要事項を記入した申込書と、ご入金頂きました明細をFAX願います。

一般社団法人 東京建築士会
支店名:三菱UFJ銀行 京橋支店(店番:023)
預金種別:普通預金
口座番号:1719961

証明書発行費

会員区分 証明書発行費(1枚)
正会員 500円
準会員 500円
賛助会員社員(1名) 1,000円/人
非会員 1,000円

  • CPD実績証明書の発行費は別途費用が必要です
  • 賛助会員社員(1名)の複数同時申込みの場合(10名以上)は、別途申込書があるため、ご連絡願います。

認定プログラム一覧検索

本会で認定するプログラムについては、ホームページにおいて公開してます。