• 建築士/建築士を目指す方
  • 応急危険度判定員案内
  •  

応急危険度
判定員案内

応急危険度判定とは

地震後、余震等による建築物の倒壊や落下物、転倒物による二次災害を防止するため、できる限り早く、短時間で建築物の被災状況を調査し、当面の使用の可否について判定するものです。

防災ボランティア制度とは

防災ボランティア制度は「東京都地域防災計画」に基づくもので、専門的な技術をもつ民間の方々を平常時から登録させていただき、災害時にボランティアとしての活動をお願いする制度です。この防災ボランティアの業務のひとつが応急危険度判定であり、建築技術の専門家である建築士の方々に協力をお願いするものです。

東京都防災ボランティア
(被災建築物応急危険度判定)
への登録等各種手続き

東京都防災ボランティア(被災建築物応急危険度判定)へのご登録ご希望の方は、下記要項をよくご確認の上お申し込みください。
東京都では平成7年度よりボランティアの養成に努めてきたところであり、現在約14,000名を越える方が登録されております。

新規に被災建築物応急危険度判定へ登録をご希望される方

東京都防災ボランティア制度に基づく被災建築物応急危険度判定に登録をするためには、下記の応募資格を満たし、東京都主催の講習会を受講する必要があります。

応募資格 1級、2級、木造建築士の資格を有する方で、東京都内に在住又は在勤の方
講習会の受講 年2回程度開催しています。(受講料 無料)
開催日
  • 第1回 平成29年9月15日(金)
    会場:都庁第一本庁舎5階 大会議場(新宿区西新宿2-8-1)
    (申込締切:平成29年9月8日(金))
  • 第2回 平成29年10月26日(木)
    会場:都庁第一本庁舎5階 大会議場(新宿区西新宿2-8-1)
    (申込締切:平成29年10月13日(金))
※ともに開催時間は13:40~17:00 定員500名。
申込書 平成29年度講習会案内はこちらから
東京都防災ボランティア申込書はこちらから
東京都防災ボランティアwebからのお申し込みはこちらから

既に被災建築物応急危険度
判定へ登録していただいて
いる方

東京都防災ボランティア制度に基づく被災建築物応急危険度判定へ登録していただいている方で、登録内容(住所、電話番号、勤務先)等が変更となった場合は、登録事項の変更が必要となります。また、登録いただいた年から7年ごとに更新届のご提出が必要となります。

応募資格 登録事項変更申請書はこちらから
更新届はこちらから
辞退届はこちらから
相互認証制度について
(他道府県へ転出された方、
   都へ転入された方へ)
他の道府県から転勤等で東京等に移転され、住居地か勤務先が都内になられた方は、相互認証制度の活用により、 事務手続きのみで東京都への登録が可能です。(他の道府県に移転された場合も移転先でご確認ください。)
相互認証についてはこちらから
東京都防災ボランティア
(応急危険度判定員)の
各種届出について
東京建築士会HPにて電子申請による各種手続きの受付を開始致しました。判定員登録番号の入力が必要ですので、お手元に判定員登録証又は年度末にご送付しています判定員だよりに同封されている「登録事項変更・登録更新等の手続きのお願い」をご用意の上、ご入力願います。なお、登録証の変更及び再発行については、顔写真(縦3cm×横2.5cm)2枚を添付の上、郵送での手続きをお願い致します。
webによる更新・変更申請はこちらから
その他 区市町村の応急危険度判定所管課の連絡先はこちらから
災害時情報提供のお願いはこちらから

住所・連絡先

東京都防災ボランティア(被災建築物応急危険度判定)事務局

一般社団法人 東京建築士会 防災ボランティア係
〒104-6204 東京都中央区晴海1-8-12 オフィスタワーZ棟4F
TEL 03-3536-7711 FAX 03-3536-7712
MAIL info@tokyokenchikushikai.or.jp

制度に関するお問い合わせ先

東京都 都市整備局 市街地建築部 建築企画課 耐震化推進係
都庁第二本庁舎3階南側
TEL 03-5388-3362